コドミン 何歳から

何歳から飲ませるべき?※答えはこちら

「落ち着きがない」「何度注意しても聞かない」「まわりに迷惑をかけてしまう」などのお子さんの行動。

 

小さい時には”個性”で済んだことが、幼稚園や小学校に上がる頃になっても治っていなかったら心配ですね。

 

親としてこのような症状を何とかしてあげたいと思い、コドミンを購入しようと考えている方は多いと思います。

 

しかし、コドミンは何歳から飲ませても大丈夫なのでしょうか?

 

今回は、コドミンの効果が見込めるのは何歳からなのか、調べてみました。

 

コドミンは何歳から飲めるの?

 

結論から言うと、コドミンはサプリメントであって食品と同じ扱いになるため、何歳からと薬のように年齢制限があるわけではありません。

 

子どもが錠剤を飲み込む際の安全性を考えると、歯が生えそろう3歳頃から飲み始めると良いのではないでしょうか。

 

ですので、何歳から飲ませても大丈夫なのかと神経質になる必要はなさそうです。

 

しかし、個人差はありますが錠剤が上手に飲み込めるようになるのは4〜5歳頃と言われていますので、3歳以下のお子さんに飲ませる場合は注意が必要です。

 

もし錠剤を飲み込むのが苦手なお子さんに飲ませたい場合は、親御さんが必ずそばにいて水と一緒に飲ませてあげてくださいね。

 

コドミンを飲みたがらないお子さんへの対応策とは?

 

コドミンはラムネ味で、一般的にはお子さんが好きな味で作られています。

 

しかし、やはり何歳から飲み始めるにしても、「飲みたくない!」と断固拒否するお子さんもいらっしゃるかと思います。

 

そのような場合は、お子さんの意識を変えるように働きかけるといいですよ。

 

【コドミンが飲めたらシールを貼ってあげる】

 

子どもはシールが大好きです。困ったことに色んなところにシールを貼りたがりますよね。

 

そんなお子さんには、「コドミンが飲めたらシールを貼っていこう!」と決めて、シールをカレンダーなどに貼っていくと良いですね。

 

飲み忘れ防止にもなりますので、一石二鳥ですよ!

 

【親御さんも飲ませてもらいましょう】

 

お子さんがコドミンを飲めたら、親御さんも普段飲んでいるサプリメントがあれば飲ませてもらいましょう。

 

お互いにサプリメントを飲ませあうことで、お子さんも楽しんでコドミンを飲んでくれるようになるかもしれません。

 

コドミンは何歳から飲んでいいの?まとめ

 

コドミンは薬ではなくサプリメントなので、何歳から飲んでもいいという決まりはありません。

 

歯が生えそろってからであれば安心して飲ませることができるので、個人差はありますがだいたい3歳頃からが良いと言えるでしょう。

 

3歳くらいになると幼稚園や保育園に入園する年齢ですし、他の子どもたちとの行動の違いについて気になり始める頃です。

 

子どもの行動について気になるようであれば、そのくらいの年齢からコドミンを飲ませれば効果も期待できるのではないでしょうか。

 

お子さんにコドミンを飲ませるときは、必ず親御さんがそばに付き、くれぐれも一人で飲ませることがないように充分注意してくださいね。

 

もし、コドミンを試してみたいという方は公式サイトをご覧ください。

 

 

>>コドミンの詳細はココから