コドミン 副作用

副作用が心配※確認しましょう

「うちの子だけ落ち着きがない」「うちの子だけお友達と仲良くできない」「うちの子だけ授業に集中できない」

 

など、お子さんの日常生活についてお悩みの方はいませんか?

 

このような子どもの行動の落ち着きや集中力をサポートするとして、お子さんの悩みを抱えている親御さんの間で話題になっているのがコドミンというサプリです。

 

コドミンは大切なお子さんに飲んでもらうものですので、副作用が心配。本当に副作用はないのか、配合成分の安全性や危険性がとても気になりますよね。

 

そこで今回は、コドミンの配合成分からコドミンの副作用と安全性、そして危険性について検証していきたいと思います。

 

 

コドミンの配合成分は?

 

コドミンに含まれる代表的な成分は「ホスファチジルセリン(PS)」という成分です。

 

ホスファチジルセリンは、近年注目を集めている「ブレインフード」のひとつで、子どもの行動の落ち着きと、集中力を改善させる働きがあるとして話題になっています。

 

【ホスファチジルセリンとはどんな成分?副作用の危険性はあるの?】

 

ホスファチジルセリンは、大豆にわずか0.003%しか含まれていないリン脂質(レシチン)の一種で、脳に最も多く存在しているため、脳の栄養素とも呼ばれています

 

ホスファチジルセリンは脳への血流を改善し、脳細胞を活性化させる効果があることから、脳機能の向上させたり不眠などのうつ症状を改善させる働きがあります。
牛肉や大豆など普通の食材に含まれている成分なので、特に危険性はなく副作用もないので、安全性は高いと言えそうです。

 

【ほかの含有成分はどのようなもの?副作用や危険性は?】

 

ほかに含まれている成分は、以下の9種類です。

 

  • 還元麦芽糖水飴
  • ブドウ糖
  • 結晶セルロース
  • 酸味料
  • ステアリン酸カルシウム
  • 香料
  • 微粒二酸化ケイ素
  • ビタミンB1
  • 甘味料など

 

小さなお子さんでも飲めるように安全を考えた成分でできているので、副作用の危険性はないと言えます。

 

しかし、もともとアレルギー体質であるというお子さんは注意してくださいね。

 

副作用を未然に防ぐためにも、もしご心配であれば、念のため医師の診断を受けてから服用することをおすすめします。

 

コドミンの安全性は?

 

コドミンはGMP認定国内優良工場で生産しています。

 

医薬品と同じレベルでの製造と品質管理を徹底しているので、高品質で安全性が高いと言えます。

 

サプリメントなのでお薬との飲み合わせなども特に心配はないということですが、もし心配であればかかりつけの医師に相談してから服用した方が安心ですね。

 

お子さんの体質によってはコドミンが合わないこともあるかもしれませんので、もしコドミンを飲んで変わった症状が現れてしまった場合はすぐに服用を中止してください。

 

そして医療機関を受診するようにしてくださいね。

 

コドミンの副作用、危険性、安全性についてまとめ

 

コドミンは副作用の危険性もなく、高品質で安全性が高いサプリであると言えるでしょう。

 

お子さんだけでなく、悩んで大変な思いをしてきたという親御さんもたくさんいらっしゃると思います。

 

しかし、コドミンを飲むことでお子さんの行動が落ち着き始め、親御さんもイライラが減って家族関係も良くなったという声も多く聞かれました。

 

コドミンはお子さんと親御さんの悩みをサポートするサプリです。

 

お互いがもっと笑顔で過ごせるよう、コドミンを是非お試ししてみてはいかがでしょうか?

 

 

>>コドミンの詳細はこちら